徳島市の情報を中心に徳島県の企業が作るローカル情報発信サイトです。徳島のグルメ情報徳島のお土産徳島の物産|ギフト徳島タウン情報お得クーポン、徳島のショッピングモール、インターネットショッピングなど色々なお店の情報があります。

《えータウン徳島》トップページへ
 
 
トップページへ お店情報ページへ 商品情報ページへ 掲示板みんなの広場ページへ FAQ
 
 

【徳島の広場】

スレッド一覧を表示します 「板東俘虜収容所」の歴史 << 前の発言
[となかい] 07/09/14 10:26 [590]
俘虜収容所というといいイメージがないように聞こえてしまいますが、この板東俘虜収容所は収容された捕虜に対して人道的で友好的な処置を行ったことで知られています。

第一次世界大戦時にドイツの植民地であった青島(元は中国の都市)を日本が占領下に置いたとき、日本軍隊の捕虜になったドイツ兵4715名の内、約1000名を収容したのが当時の徳島県板野郡に開かれた板東俘虜収容所です。所長である松江豊寿中佐は捕虜の自主活動を奨励し、このときの捕虜に対しての公正な対応が日本でもっとも有名な俘虜収容所として知られることとなったようです。

現在収容所はドイツ村公園になっており当時の様子を知ることができるそうです。
2006年にはこのエピソードが「バルトの楽園」として映画化もしました。丁度、徳島に旅行として来ていたときに大きくポスターが貼られていたのを見たのを覚えています。
その時は知識がなかったので内容を把握できなかったのですが今こうして調べてみると興味深いとよく思います。

 
ログインはこちらから↓
ログイン
初めての方へ
新規メンバー登録
他のカテゴリを選択する
徳島の広場 徳島の広場
高松の広場 高松の広場

 

 

Copyright (C) 2006 《えータウン徳島》運営事務局 Allrights Reserved.

powered by bizan.com